Twitterでフォローさせていただいている松本勝晴さん(@k_matsumoto)の昨日(3/21)のツイートに「2015年度4月募集の合否通知が到着し始めている」との情報がありました。外出先から急いで自宅に戻ってポストを確認したところ、慶応義塾大学 通信教育部から「簡易書留」が届いているじゃないですか。週明けとばかり思っていたので完全に油断していました。

 24時間営業している郵便(たまたま近くて助かった!)まで、ドキドキしながら受け取りに行ってきました(局員さん、遅くまでご苦労さまです)。

 はやる気持ちを抑え切れず、その場で開封。

 その結果は合格
慶應通信「合否通知」
 2015年3月21日(土)の「春分の日」、慶應義塾大学 通信教育課程(経済学部)の「合格通知」を無事に受け取ることができました。そわそわして落ち着かない日々が1ヶ月ほど続きましたが、これでようやく一安心です。

 正直、「志望理由書」の内容に自信がなく、不安な日々が続きました。テキストを校正し合った友人(先輩)の出来栄えの良さに、ますます心配になりました。何度も読み返し最善を尽くしたつもりではありますが、合否を判断される先生方から見れば、本当はまだまだ力不足だったことでしょう。それでも入学のチャンスをいただいたわけですから、期待に応えられるよう努力していかなければなりません。

 合否の結果をもんもんと待つ間、2014年秋に慶應通信に合格された鈴太さんのブログ記事「【慶應通信】合否通知来たらいずれも報告します。」を拝読しました。
合格してたら当然ブログにアップすることになりますが、
不合格でもその「不合格通知」をアップします。
それでも、私のつまらないブログを読んでくれる方、
「いいね」や「バナー」をクリックしてくれる方が
少なからず、いらっしゃるわけです。

そのような中、慶應通信に不合格になったからと言って、
そのままフェードアウトするのは申し訳ないです。
 うぅぅ、なんて男らしい(ぐうの音も出ない)。こんな勇ましい記事を読んでしまった以上、逃げも隠れもできないなと考えていました。「不合格」だった場合は、かっこ悪いけど包み隠さず公表して、なぜ「不合格」になったかを分析し、その後、作ったブログをどうしていくか……。慶應通信(もしくは他の大学)の受験に再チャレンジするか、新たな勉強ブログとして再出発するか、友人(先輩)に引き継いでもらうか、身の振り方を真剣に考える今日この頃でした。

 なんとか合格できてその心配はなくなりましたが、安堵すると同時に、「慶應通信生」としてその名を汚すことはできないと感じているところです。何が何でも「卒業」しなければいけません。とにかく頑張らなければ(その前に学費を支払わないと!)。

 通信大学生ブログのリンクは合格するまでは控えさせてもらっていましたが、これからは少しずつリンクさせてもらおうかと思います。

 慶應通信の先輩や卒業生の方々、または同期生、このブログを読んでくださっている皆さん、不束者ではありますが、今後とも宜しくお願いいたします。ともに高め合っていければ幸いです。

 今日は気分よく野球観戦でもしようかと思います。

【追記】
 ちなみに友人[先輩]も合格していました。おめでとうございます! これで晴れて同期生。年上だけど「君」付けで呼んでみようかしら。怒られそうだけど(笑)。


↓ 通信大学生ブログの人気ランキング
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ